(^^♪ エレクトリック・ギター革命史 ちょっと 読書も いいかも 

エレキ・ギターが歩んだ百三十年の歴史。 読書の苦手な人も この本なら 序文 カルロス・サンタナ 第1章 ブラザー、ミュージシャン、聴け、奇跡の音を! 第2章 偉大なるチャーリー・クリスチャンの功績 第3章 レスポール ~ウォキショーから来た魔法使い~ 第4章 モデルT ~テレキャスター切り開いた新世界~ 第5章 ブルース(…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪  1961年結成のロックバンド ゾンビーズ ポップで洒落た曲 斬新なアレンジ 甘く切ないヴォーカルで魅了 

Zombie Heaven - Zombies 4枚組119曲のコレクションがリリースされると、わずか3曲しかヒット曲(「She's Not There」「Tell Her No」「Time of the Season」)のないグループの楽曲をそんなに数多く聴きたがるリスナーがいるのだろうかという声が上がった。そうした否定的な声を…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ CCR 凄い! 1969年のウッドストック 

それまでの音楽に満足できない パワーとリズムとメッセージ ロックが若者たちに 新しい音楽として支持された。 学校で流れる音楽じゃなくて 受け身の音楽じゃなくて、 音楽を体験して いっしょに 熱狂する音楽   クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル ライヴ・アット・ウッドストック - クリーデンス・クリアウォー…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ チャールズ・ブロンソン ウエスタン映画を見るのもいいね 

1969年の映画 見応えあり 面白くないテレビを見るより その時代を想像しながら 悪役をやっつけるヒーロー   ウエスタン [Blu-ray] - クラウディア・カルディナーレ, ヘンリー・フォンダ, ジェイソン・ロバーズ, チャールズ・ブロンソン, ガブリエル・フェルゼッティ, セルジオ・レオーネ 夕陽の…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ レーナード・スキナード 聴くと いろんなことが走馬灯のように思い出される 

オールマン・ブラザースバンドが好きになり、マーシャル・タッカーバンドが好きになり、レーナード・スキナード が好きになった 20代  サザン・ロックが好きになったきっかけは、デュアン・オールマンのスライド・ギター ガラス瓶やら 色々 試行錯誤してたなあ マーシャル・タッカーバンド のトイ・コールドウェル の親指奏法 当時は動画などが無…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ アルバート・キング ブルース・パワー ヴォリュームあげて ヘッドフォン 最高のパフォーマンス

出生名 アルバート・ネルソン 1923.4.25 - 1992.12.21 69歳没  5歳の頃、離婚した母親と共にアーカンソー州フォレストシティに移住。綿花畑で働きながら、独学でギターを習得した。 B.B.キングの成功にあやかって、アルバート・キングという芸名を名乗るようになった。 左利きのフライングV チョーキング…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ モダン・ジャズを代表するピアニスト ビル・エバンス  を聴きながら 放心中 ...

Bill Evans【ビル・エヴァンス】~今尚、絶大な人気を誇る永遠のジャズ・ピアニスト~ マイルスが認めた才能: 1958 年にビルが、マイルス・デイビスのグループに参加し たのは、ビルの師匠ジョージ・ラッセルの推薦によるものだが、 マイルスもクラシックの影響を受けたビルのピアノに魅せられ、 ビルに「モー("Moe")」とあだ名…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ギターのリズムカッティング と バリー・ホワイトの体型が 絶妙 印象に残っています。

「愛のテーマ」 1974年2月9日付のビルボード・チャートで1位を記録 ベスト・オブ・バリー・ホワイト - バリー・ホワイト あふれる愛を - バリー・ホワイト ベスト・オブ・ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ - ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ, ラブ・アンリミテッド・オーケストラ, ハーマン・ハプフェルド, アー…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ パット・ブーン アメリカ・フロリダ州出身のポップス歌手/映画俳優 

音楽は永久の小渓。 西部開拓史上の英雄ダニエル・ブーンの子孫で、娘は歌手のデビー・ブーンである。 50年代にはあのエルヴィス・プレスリーのライバルと呼ばれ、人気を二分。 ELVIS PRESLEY以降BEATLES以前の全米の女性をメロメロに、甘い歌声で魅了した二枚目ポップス・スターPAT BOONE。 エルヴィスのワルなイ…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ライ・クーダー ギターテクニック、スライドギター 素晴らしい音楽仲間

レコードジャケットが好き レコーディング 1979年 参加ミュージシャン 強者揃い バップ・ドロップ・デラックス - ライ・クーダー チキン・スキン・ミュージック - ライ・クーダー ジャズ - ライ・クーダー, ライ・クーダー Paradise And Lunch - ライ・クーダー …
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ レス・ポールとメリー・フォード 今見ても楽しい 夫婦音楽漫談 ?

ジャズ・ギタリストであり エレクトリックギター ギブソンのレスポール の生みの親 多重録音、アナログディレイマシン等 世界初のオーバーダビングレコーディングをしたり、レス・ポールとメリー・フォードのテレビ・ショーを 7年間放送した。(凄い!) 「How High the Moon」1951年 が全米1位を獲得 「Vaya Con D…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 五つの赤い風船 「時々それは」 それはとっても長い曲 昭和の音の風景が浮かびます

日本のフォークで超有名なグループ 好きな曲いっぱいあります。 この曲も好きです。当時、LP盤 2枚とも買いました。? 五つの赤い風船 アルバム第5集PART1〈New Sky〉 A 時々それは、B-1 私は地の果てまで B-2 ボクは愛など知らないし B-3 たまには一度は B-4 私は広い海に出る  アルバム第5集PART2…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ マイケル・フランクス 昼下がりの お茶の時間に 夜遅く お酒のお供に 寝る前に 愛聴盤

なんてね プロデューサーの音楽センスが 腕利きのミュージシャンの伴奏で... 名盤が生まれた  洗練されたメロディと繊細なヴォーカルが奏でるスタイリッシュなサウンドはソフト&メローの代名詞 スリーピング・ジプシー - マイケル・フランクス, クラウス・オガーマン, マイケル・フランクス Michael Fran…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ウェザーリポート 壮大な宇宙空間にいるかのような 音の世界へ 

休日に 旅立てますよ(マスク不要です。) 昼でも夜でも ヘッドフォンで 音量を少し大きくして聴くと 音の世界へ 縦横無尽 圧倒的な キーボードが エレクトリック・ベースが サックスが ドラムとパーカッションが... ミスター・ゴーン(期間生産限定盤) - ウェザー・リポート へヴィー・ウェザー(期間生…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 日本人の良い処、悪い処 日本人の常識 非常識 平和主義者で ある意味 平均がベスト 

(^^♪ 日本人の良い処、悪い処 影響を受けやすくて 真似をする 情熱的ではないが 熱しやすくて 冷めやすい 人間って 弱い のか 強いのか 今日も 支離滅裂 日本人の常識 非常識 学校では優等生 家では甘えん坊   平和主義者のふりして 人任せ 無責任   ある意味 平均がベスト 人より目立つのが苦手なので  答えが…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪アート・ガーファンクルの優しい声とルイ・シェルトンのプロデュースで 癒される ひと時を

今夜は、静かに とっても 優しい気分になりたくて 何にも考えないで 音楽聴きながら  レコードジャケットの写真 いろんなヴァージョンが... ちなみに 僕のLPの表と裏は 良質の音楽ほど気持ち良く眠れる と言うのが永年の私の経験上の哲学である。 ライナーノーツ 79年3月1日 湯川れい子 フ…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 顔でギターを弾く 親指奏法、つまびき奏法  ルイス・サイナス 気に入りました。アルゼンチンのジャズ・ギタ…

感情豊かに、恍惚のフレーズを弾きまくる こんなギタリストが ルイス・サイナス 1957年生まれのジャズギタリスト アルゼンチン ブエノスアイレス州 モンテグランデ出身 8歳からパブ等で演奏しながら ジョーパス、ウェス・モンゴメリー、バーデン・パウエル等のレコードコピーやパブでブラジルのギタリストに習いながら、上達していって、1995…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 高校生の頃 エルトン・ジョンの「ユア・ソング 邦題 僕の歌は君の歌」を聴いて いい歌だなあと思った

高校生の頃の音楽情報はラジオや月刊誌、週刊誌(音楽情報が少ない)等から(日本の音楽 歌謡曲、和製ポップスが主流、洋楽系は新しいミュージシャン、ロックなバンドはなかなか情報が入ってこない エルトン・ジョンも全然知らなかった。)毎月の数枚のレコード紹介のコーナー等で知っている歌手やバンドの情報を見てはレコードが欲しいなあ...と思っていまし…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ジェームステイラー 何故か落ち着く 初めて聴いたのはもう半世紀も前なのかなあ

ジェームステイラーを初めて聴いたのは 「ファイヤーアンドレイン」って曲です。 時々購入していた学生雑誌(高2コースだったかな?)にこの曲の紹介と簡単な譜面が載ってたような記憶が... 当時は音楽情報も何もないし、ギターもあまり弾けないし、何となく気になっていたけどラジオか何かで初めて聴いて好きになりました。 その後、ヤマハのラ…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ リトルフィートの ビル・ペインの曲 ひと味違う ウェイク・アップ・ドリーミング

大好きなリトルフィートのキーボード奏者であり、ドゥービーブラザースの影のキーボード奏者 ビル・ペイン サポート的な活躍がメインだけど リード・ヴォーカリストとしても良い お気に入りの曲  ダウン・オン・ザ・ファーム(紙ジャケットCD) - リトル・フィート タイム・ラヴズ・ア・ヒーロー - リトル・フィート …
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ウー・ベイビイ・ホウェイ・ディ・ジュウ・カム・フロム 頭の中から離れない やっと思い出しました 名曲だな…

ラリー・カールトンのスイートなヴォーカル  邦題 彼女はミステリー "Where Did You Come From" (William Smith, Eric Mercury) こっちがオリジナル ? 夜の彷徨(さまよい)<FUSION 1000> - ラリー・カール…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 日本のフォーク界 ギターの名手、作曲家、歌手として 坂庭省吾の「僕の古いギター」 

今聴くと心の中に響きます。 傷だらけの僕のギター かけがえのない僕のギター いつでも一緒にうたってた 僕の古いギター 坂庭省吾 1960年代後半よりアコースティック音楽シーンを(高田渡、きたやまおさむ、中川イサト等)数多くのミュージシャンと築き上げて来た1人である。 今でも歌い継がれているヒット曲「花嫁」も彼の作…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪久しぶりだね、昔話をしよう 懐かしいなあ 紙芝居 子供の頃

都会の村人の 「紙芝居」 聴きながら 僕が子供(幼稚園?)の頃、我が家は貧しかったけど、日本全体がまだまだ貧しかったのかなあ。道路はほとんど舗装されていないし、水道、電気もあったけど、裸電球が主流 蛍光灯なんか無かった、テレビもまだないし電話もない まだまだ普及率が低かった 公園で遊んでは喉が渇いたら井戸水飲んでたなあ(もちろん…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 僕の愛聴盤 ブラジル音楽界きっての 変なおじさん顔 ジルベルト・ジル 

ジルベルト・ジル 「ナイチンゲール」 1979年 セルジオ・メンデス プロデュースのフュージョン風 参加ミュージシャンも凄いメンバー マラカトゥ・アトミコ ナイチンゲール(BOM1805) - ジルベルト・ジルOriginal Album Series - Gilberto Gil
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 僕の愛聴盤 パーカッション関連の中でも アイアートモレイラは大好き その中でも これが秀逸 ジャケットも…

アイアート・モレイラ 「プロミセス・オブ・ザ・サン」 1976年  ー ブラジルの民族音楽に根差した新しい独自の音楽領域を創造するマルチ・パーカッションの第一人者アイアート - ズエイ ZUEI  Promises of the Sun アイデンティティー(期間生産限定盤) - アイアート・モレイラ …
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ マイケル・フランクス たまには大音量で聴いてみようか いいね! お薦め

マイケル・フランクス AOR界を代表するボーカリストの1人 大人のミュージックですね。子供には無理かな。ギターが渋い しびれます。 プロデューサーのトミー・リピューマの音楽センスと素晴らしいバックミュージシャン 参考 デイブ・メイソン/ヘッド・キーパー(共同プロデュース トミーリピューマ) も 大音量で聴いてみよう  .…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ヴァニラ・ファッジ 知ってるかい アイスクリームじゃないよ 今も活動中 ロックバンドです。いいね!

(^^♪ ヴァニラ・ファッジ 1966年ティム・ボガード(b)とマーク・ステイン(kbd)がヴィンス・マ-テル(g)とバンドを結成、のちにカーマイン・アピス(ds)が加入して ヴァニラ・ファッジとしてスタート 1967年 レコードデビュー 1969年 解散 その後何回か再結成 以降断続的に活動  リズム・セクションの二人…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 凄いバンドがいました。ぶっ飛ぶパフォーマンス 規格外のライブ 必見

ティールマン・ブラザース  ギター内股中腰ステップ ドラマーのスティックでギター 靴でスライド ウッドベースに乗ってギターを背面アクロバット奏法  ウッドベース寝ころび寝技奏法 ドラム移動しながらソロ ステージ狭し 圧倒されます。 いっちゃてます。 最高! Tielman Brothers - Rollin Rock (be…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ラルフ・マクドナルド パーカッション好きの 心を開けば聞こえてくる アフリカのリズムが

音楽を聴きながら目を閉じてみると 浮かんでくる アフリカの大地が 打楽器奏者のあなたへの 最後まで タイムスリップ みんなへの贈り物です。 少し大き目の音で聴くと ぶっ飛ぶよ!  Ralph MacDonald - The Path (Full Version) https://www.youtube.com/watch…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ザ・スリー・ディグリーズ  懐メロお薦め フィラデルフィアで結成された、アメリカの女性ボーカルグループ

1963年ペンシルバニア州フィラデルフィアで結成された、アメリカの女性ボーカルグループ (^^♪ ディスコ・ミュージック セクシーで 歌って 踊って 曲もいい The Three Degrees - Dirty Old Man https://youtu.be/M-t0onohp-A The Three Degree…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ スタンリー・クラーク(b) とジョージ・デューク(key)による1981年のヒット曲 懐メロ  

 スタンリー・クラーク(b) とジョージ・デューク(key) フュージョン界のテクニシャン同志で 音楽大好きの二人が、楽しく歌って弾いて、ヒット曲が生まれた。 この時 スタンリー・クラーク(b)  30歳 とジョージ・デューク(key) 35歳  38年前のヒット曲   Stanley Clar…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ジェームス・テイラー シンガーソングライター ギター弾き語り 

ジェームス・テイラー 1948年3月12日(71歳) 1968年にアップル・レコードからデビュー 2016年 『ケネディ・センター名誉賞』を受賞 を一番最初に知ったのは 高校生の頃  高校生向けの教育雑誌で 学研の「高2コース」か 旺文社の「高2時代」今月の歌?で見つけた曲 「ファイヤーアンドレイン」(1970.8月 リリース…
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ロックの名曲「オールライトナウ」 フリー

若いけど渋くてかっこいい  完成されたバンドアンサンブルが素晴らしい ギター ドラム ベース ヴォーカル みんな かっこいい  1970年の曲 (メンバーの平均年齢が20歳) 昔、日本のアマチュアのロックバンドもコピーしてた すごく良かった 5 Classic AlbumsImports 2017-05-12 F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ロックの名曲 「ワイルドで行こう」 ステッペンウルフ

ギターのリズムカッティングが最高にかっこいい ヴォーカルも ドラムも かっこいい 1968年に発表された曲 映画「イージーライダー」で使われて大ヒット シングル盤 買った記憶があるけど、手元には無い ワイルドで行こう~ベスト・オブ・ステッペンウルフUSMジャパン 2012-06-20 ステッペンウルフ Amazon…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ウッドストック 約50年前 ロックは若者の音楽だったけど

貧乏だったけど、暇だった 若者の髪の毛は長かった。 ロックもフォークも ガッツがあった。 ウッドストック 約50年前 ロックは若者の音楽だった LATER THAT SAME YEAR + EXTRA TRACKSBGO 2008-08-22 MATTHEWS SOUTHERN COMFORT Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ザ・セクション 一時代を築いたスタジオミュージシャン達

ダニー・コーチマー(ダニー・クーチ)、リーランド・スカラー(スクラー)、ラス・カンケル、クレイグ・ダーギー  「ザ・セクション」 として... ジェームス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、その他数えきれないミュージシャンの名盤レコードの裏方というより サウンドの要として引っ張りだこ 大車輪の大活躍  レコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ この曲 リズムがむずかしいけど 好きなんです。

ラムゼイ・ルイス 「テキーラ・モッキンバード」の中の「カミノ・エル・ブエノ」って曲  リズム感が 何回聴いても 取りづらい でも何とも言えない 癖になる... パーカッションがいっぱい入ってるし ベースもギターもかっこいい  もちろんピアノがメインで聴かせてくれますから ...  Don't It Fee…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ 「君の友だち」  友だちっていいね 今夜の一曲にしよう

(^^♪シンガーソングライターのキャロルキングが1971年に発表 ジェイムステイラーがカバーして大ヒット やっぱり名曲だなあ  色んな人がカバーしてます。 歌姫たちも 唄ってます。 Mud Slide Slim And The Blue HorizonWarner Bros / Wea 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^^♪ ゾンビーズ 中学校の時から聴いてる 今も聴いてる

今から57年前 1962年にイギリスのロンドン郊外で、スクールバンドが結成され、その後 「ハートビート・コンテスト」で優勝、デッカ・レコードと契約、とんとん拍子に ヒット曲を連発、イギリスからアメリカへ、世界的なロックバンドに その後 色々とあったみたいだけど 今も頑張ってます。 バンド名は変わってるけど、ゾンビーズ いい曲 いっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more